逆張り起業家のブログ

B2B版Facebookを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

コスパ最強グルメ〜北海道旭川 雰囲気良し味良しの3店舗〜

f:id:cxobank:20190217130559j:image

この地の人の良さと美味しい食べ物の魅力に引き寄せられもう何度訪れているだろうか。ここは北海道旭川。

 

企業情報として、旭川市を本社とする上場企業はありませんが、年商100億円を越える企業は5社以上、10億円超えは50社以上あると言われております。また、コープサッポロやツルハドラックなどの大手チェーン店も新店舗の出店も盛んな地。

 

そんな旭川エリアで雰囲気良し味良しの3店舗を紹介します。

 

■1軒目

呑み喰い処ふく
北海道旭川市四条通6
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1017023/

f:id:cxobank:20190217125138j:image

先ずは旭川繁華街にある哀愁漂うこちらパリ街内へ。

 

f:id:cxobank:20190217131323j:image

このパリ街には14店舗が並ぶ。いつか全店舗制覇したいと企み中。

 


f:id:cxobank:20190217153829j:image

f:id:cxobank:20190217153825j:image

f:id:cxobank:20190217153820j:image

今回残念ながら選抜されなかった『すしちば』もパリ街にあるコスパ良いお店。

 

f:id:cxobank:20190217131500j:image

パリ街には予約取らないと入れない更にコスパ最強グルメ店も。こちらジンギスカン料理の『零亭』。今回予約取っておらず、ふらっと立ち寄ってみたら案の定、予約で一杯で入れず。

 

f:id:cxobank:20190217131703j:image

気を取り直して先ほどの『零亭』から徒歩10秒のところにある『呑み喰い処 ふく』へ。


f:id:cxobank:20190217125157j:image

先ずはお通しで出てきた郷田料理の『子和え』を頂く。つき蒟蒻と真鱈の卵を和えたもの。お酒も進む一品。


f:id:cxobank:20190217125126j:image

女将さん自ら焼き物を担当。カウンターもテーブル席もすぐに満席になるほどの人気店。


f:id:cxobank:20190217125145j:image

こちら私が唸った豚のハラミのジンギスカン。


f:id:cxobank:20190217125149j:image

ラム肉のジンギスカンももちろん好きですが、豚のハラミのジンギスカンこれがまた旨い。ハマります。


f:id:cxobank:20190217125119j:image

そして、こちらの焼き椎茸。この大きさ、そして風味豊かな美味しさに感動脱帽レベル。その他、ししゃもやほっけなどの焼き魚など多数のメニューあり毎回新たな食べ物に出会えるのも魅力的。


f:id:cxobank:20190217125142j:image

一、二杯呑んで、いろいろ食べても一人2000円前後で済むコスパの良いお店。気さくな女将さんや周りのお客さんと話ができるカウンターが絶対オススメのお店ここにあり。

 

■2軒目

茶寮
北海道旭川市三条通6左7

https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1045857/

f:id:cxobank:20190217125134j:image

なぜか全国の繁華街にある茶寮。香川県高松の繁華街にもあり以前ブログでも紹介済み。

コスパ最強グルメ〜香川県高松市 しるの店 おふくろ〜 - 逆張り起業家のブログ


f:id:cxobank:20190217125122j:image
すみませーんと呼ぶと、モクモクの湯気の奥から店員さんが登場します。

f:id:cxobank:20190217154504j:image

大きめの味濃いめの肉まん。しかもタレ付き。250円。深夜3時まで営業しており、ついついお腹いっぱいでも帰り際に食べてしまう美味しさ。

 

■三件目

玄米おむすび ちゃみせ
北海道東川町西二号北2
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010405/1045551/

f:id:cxobank:20190217130915j:image 

旭川市内から東川エリアに向かう道沿いに急に現れるお店。

 

f:id:cxobank:20190217155419j:image

場所は旭川市内からは少し離れてしまいますが、市内から車で20分ほどのところ。

f:id:cxobank:20190217130847j:image

それがこちら『ちゃみせ』。民家に併設された造り。オレンジ色ののぼり旗が目印、知らないと通り過ぎてしまいます。


f:id:cxobank:20190217130841j:image

店内の様子。木の温もりやオーナーの人の良さを感じる雰囲気。


f:id:cxobank:20190217130906j:image

玄米おむすびとやらを食べたことなかった私。その場にストックなくても言えばすぐに握ってくれます。


f:id:cxobank:20190217130911j:image

東川米を初体験。楽しみです。


f:id:cxobank:20190217130856j:image

今回購入したのがこちら。玄米半熟たまご、焼き鮭、山わさびチーズの3種類。


f:id:cxobank:20190217130902j:image

一人2個、数量限定の半熟たまごおむすび。写真だけでも伝わってくる。これは旨いに決まってますね。


f:id:cxobank:20190217130851j:image

握りたてで湯気も見える温かいおむすび、これを店の前の雪景色を堪能しながら一気に食べる。至福を感じるひととき。

 

f:id:cxobank:20190217160527j:imageさてさて、おまけコーナー。これから紹介するお店のは旭川の超有名店。なので、紹介しなくても良いかなと思ったのですが、コスパ最強グルメとしてやはり取り上げておきたい。それがこちら。

 

■らーめんや天金 四条店
北海道旭川市四条通9丁目1704-31

https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1000090/

f:id:cxobank:20190217160721j:image

場所は旭川市内の繁華街。
f:id:cxobank:20190217160704j:image

醤油ラーメン(700円)にどうしてもいくら丼(400円)を付けてしまう。

f:id:cxobank:20190217160718j:image

見た目で分かる濃くのある濃厚なスープに麺が絡み最高の一杯。3枚乗っているチャーシューも私の好きな味付けと柔らかさ。東池袋の大勝軒のチャーシューに似ており、このチャーシューを食べると他のチャーシューでは物足りなくなるほど。


f:id:cxobank:20190217160709j:image

これで400円で良いのか。ラーメン屋と思えぬいくら丼の旨さ。これだけでもお店が出せそうなレベル。
f:id:cxobank:20190217160714j:image

ラーメンといくら丼を堪能しお会計1100円。ラーメンといくら丼を食べれる私の中のコスパ最強のお店に認定。

 

■既にブログに書いた旭川 二幸本店もオススメ

コスパ最強グルメ〜北海道旭川 二幸本店〜 - 逆張り起業家のブログ

 

以上、旭川エリアのコスパ最強グルメでした。旭川へ出張や旅行の際にご参考になれば幸いです。逆張り起業家のコスパ最強グルメ探しに終わりはない。