逆張り起業家のブログ

B2B版Facebookを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

コスパ最強CXOグルメ〜京都祇園 蒸し寿司 千登利亭〜

f:id:cxobank:20190302153713j:image

風情と品と温かみのある街並みの京都祇園。多くのナショナルカンパニーの経営者をも魅了し、足繁く通う方もいるこの地のコスパ最強グルメはこちら。

 

f:id:cxobank:20190302155232j:image

珍しい蒸し寿司と半生鯖寿司が食べられる『千登利亭』(ちどりてい)。ただでさえ珍しい蒸し寿司は冬季限定とのことで貴重感もありますね。


f:id:cxobank:20190302154211j:image

1899年創業の老舗。祇園四条駅から徒歩5分ほど。土日でも予約無しでふらっと入れます。


f:id:cxobank:20190302154637j:image

多くの経営者に勧められ私が注文したのがこの京寿司セットを蒸し寿司へ変更したもの。


f:id:cxobank:20190302154114j:image

その他にも美味しそうなメニューばかりですね。


f:id:cxobank:20190302154204j:image

注文してから待つこと15分ほど。このボリュームで2,450円とコスパ良い。あとは量だけでなく私自身で味の確認。


f:id:cxobank:20190302154119j:image

まずは蒸し寿司を頂こう。熱々の蓋を持ち開けてみる。湯気が上がってくる。見た目から伝わってくる美味しさ。


f:id:cxobank:20190302154056j:image

千鳥酢を使った酢飯に焼き穴子が混ざられており、錦糸卵との相性が抜群に良い。この日はラーメンや中華などを食べ歩いておりお腹が膨れてましたが、箸が止まらないほど旨い。

 


f:id:cxobank:20190302154124j:image

そして、半生鯖の寿司。酢でシメすぎていない加減絶妙に良い。私好み。ほぼ生ではないかと思うほど。これが2巻も付いてくるのでもう1巻は最後に取っておきたいですね。


f:id:cxobank:20190302154102j:image

続いて焼き穴子の押し寿司。口に入れた瞬間にあまりの柔らかさなに唸る。とろける感じの穴子に押し寿司の固めの酢飯のバランスが最高。これだけでも食べに来たいぐらい。


f:id:cxobank:20190302154159j:image

こちらは醤油瓶。なぜ取り上げたかと言うと、全て醤油無しで食べれる味付けなので席に醤油が置かれてないんです。なので、醤油欲しい方は女将さんに言うと出してくれます。


f:id:cxobank:20190302154223j:image

祇園の雰囲気を店内からも感じられ、価格良し、味良し、雰囲気も良し。コスパ最強CXOグルメここにあり。


f:id:cxobank:20190302154107j:image

コスパ最強CXOグルメ〜京都祇園 蒸し寿司千登利亭〜
京都府京都市東山区団栗通大和大路西入ル六軒町203

定休日:木曜日

11:00-20:00

カウンターとテーブル合わせて13席ほど

1人単価:2000~3000円


f:id:cxobank:20190302154217j:image

経営者が通うコスパ最強CXOグルメ探しの旅はまだまだ続く。