逆張り起業家のブログ

B2B版Facebookを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

マーケできる人いないとこうなる ブログにまとめてみた

f:id:cxobank:20190227003153j:image

経済成長ありきのセールスだけでリード獲得からクロージングまで完結できた時代は終わる。

 

景気は周期もの。不況もまたやってくる。顧客の予算頼みでない不況時に備えたマーケティングを取り入れていこう。中でも口コミに繋がるSNSマーケティングは必須。

 

15年以上かけて多くの経営者やマーケティング責任者と会い情報交換してきたが、インバウンドセールスへ切り替えたい、SNSマーケティングを始めたいとの相談は間違いなく急増している。

 

もしもマーケできる人不在でだとどうなるかこれまで見てきた企業の事例をまとめてみた。

 

■マーケできる人いないとこうなる

・セールス頼みで疲労困憊

・スケールせず経営者も社員も楽しくない

・セミナーやカンファレンスに集客できず怒られはじめる

・リード獲得難時代が訪れる

・売上低迷

・組織内人間関係悪化

・人辞め出す

・組織崩壊寸前

・社長が現場に戻り出す 

・不況訪れ

・資金調達不可能となり、、、

 

上記の例は極端かもしれませんが、実際にベンチャーであるあるの流れ。対策としては、育成、採用、外注のいずれかの主に3点しかない。

 

そして、マーケと言ってもオンラインとオフラインがあり、更にその中から下記のように様々な手法があり、自社にあったものをこの中から複数選ぶことになる。

 

■オンラインマーケティング

SEO、リスティング、LP、コンテンツ、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)YouTube、ブログ、ホワイトペーパーダウンロード、メール、記事広告、動画、リリースなど。

 

■オフラインマーケティング

セミナー、展示会、交流会、会食、紹介、提携、テレアポ、DM、雑誌新聞など。

 

オンラインとオフラインの有効なバランスを知り、リスティングからSNS広告まで幅広く経験されているマーケ担当は少ないのが現状。

 

不況時はコストかからないSNSマーケティングを推奨する。不況時はSNSで情報収集が活発になる。コスト削減に繋がるビジネスをもっておくといい。取引先切り替えによるコスト削減でもいい。テクノロジーにより安くしても質はまだまだ良くできる。もし、自社にそんな強みがなければ提携しリスクヘッジ戦略を取り入れておこう。

 

日本の中小企業の6割にはマーケ担当がいないというデータもある。誰が本当に成果を出してくれるかも不透明。なので、先ずは各分野のマーケのプロに外注しながら、自社でもノウハウを溜めていくベンチャーが多い。

 

なお、上場企業の有名マーケティング責任者に聞いたところ、その方ですらいくつかの分野で外注し、その分野のプロに任せているとのこと。

 

それぐらいマーケの幅が広く、一人ではもはや管轄できない時代。

 

マーケできる人の重要性に気づいたら早期に動くこと。これまでの経験の延長で取り組むと先ずうまくいかない。手遅れとなる前に、自社のマーケ戦略を考えてみよう。

 

リモートワーク時代となれば更にSNSを駆使したマーケティングは重要となってくる。

 

f:id:cxobank:20200819135514j:plain



■経営者のためのプラットフォーム

1000名超が登録。毎日50名以上のCXOが売上拡大、事業提携に繋がるビジネスマッチング中。1日3名の経営者に自社の会社概要やサービス内容を見てもらうことも可能。BtoBマーケティングの一つのツールともなるのがCXOバンク。完全無料。

https://lp.cxobank.jp/

 

 

f:id:cxobank:20200819135547j:image

■営業のためのプラットフォーム

営業同士のマッチングアプリ。完全無料。

https://lp.salesbank.net/

 

f:id:cxobank:20200819135711j:image

■新卒採用のためのプラットフォーム

完全無料。インターン希望や就活生が毎日3人必ず送られてくるツール。通年採用時代。既に学生1000名以上登録。

https://lp.huntbank.net/index.htm