逆張り起業家のブログ

発起人25名、バイアウトを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

コスパ最強CXOグルメ〜鹿児島 うなぎの美鶴〜

f:id:cxobank:20190314124722j:image

鹿児島出身のグローバルに活躍される経営者に教えてもらった鰻屋。まさかここが私の中でナンバーワンのコスパ最強鰻屋となるとは知らず辿り着く。

 

f:id:cxobank:20190314124944j:image

鹿児島市内から車で30分ほど。山奥にある一軒家。


f:id:cxobank:20190314125020j:image

平日のお昼前でも駐車場がいっぱいになるほど。


f:id:cxobank:20190314125009j:image

こちらが入り口。風情溢れんばかりのただ住まい。


f:id:cxobank:20190314124950j:image

予約したほうが良いですが、予約無しでも早めに来れば入り口にあるこの紙に名前を書いて営業開始時間にくれば入れます。私は焦りすぎ営業開始11時なのに朝9時に到着。


f:id:cxobank:20190314124938j:image

店外におしながきが。メニューはこれだけ。期待できる。


f:id:cxobank:20190314125014j:image

場所が山奥の為、冬の待機用に入り口隣には待機小屋が。

 

f:id:cxobank:20190314125048j:image

さて、11時ちょうどに女将さんが営業中看板を出しに来てくれ一番乗り。

 

f:id:cxobank:20190314131718j:image

こちら店内の様子。座敷あり。また子供連れも来れるよう絵本なども多数置かれていました。

 

f:id:cxobank:20190314124746j:image

普段は無口の大将と噂されていましたが、あまりに早くから待っていてくれたからと、カウンターに座った私に大将自ら話しかけてくれ、いろいろと教えてもらった。

 

大将は、40年ほど前に東京で修行したことがある。それは蒸しの鰻だった。修行後、蒸し鰻で1年ほど営業したが、自分は焼きに拘りたく、蒸しから焼きに変更したのだとか。

 

因みにカウンター前が厨房になっているのですが、厨房内は撮影絶対禁止。撮影したいけどここは我慢。言葉では説明しづらいのですが、あの厨房の光景は初体験。上から水が流れでてくるあれの光景を知ってる方はここに来たことある方ですね。


f:id:cxobank:20190314125149j:image

なせがカウンターにはいろいろな種類の砂時計が。


f:id:cxobank:20190314125145j:image

さあ、ついに鰻の登場です。蓋を開けてみよう。


f:id:cxobank:20190314125201j:image

こんな大きな鰻が丸々一匹。見た目からと旨いのが伝わってきます。思わず口の中が唾液にまみれます。


f:id:cxobank:20190314150821j:image

ついに焼き鰻を実食。焼きとは思えぬ柔らかさ、そして鰻の旨さを引き立てる私好みの甘めのタレ。

 

f:id:cxobank:20190314125156j:image

白飯にタレが適度にかかり山椒やタレの追加なしで一気に食べてしまいました。

 


f:id:cxobank:20190314132642j:image

f:id:cxobank:20190314132649j:image

f:id:cxobank:20190314132635j:image

お吸い物、鰻の骨揚げ、そしてなぜかたまたまハートマーク型のお漬物。これだけ出てきて2700円。コスパ最強すぎる。


f:id:cxobank:20190314125214j:image

気がつけば平日12時前にもかかわらず、店内満席。大将夫婦と娘さんの3人で切り盛りされる鹿児島の山奥にコスパ最強CXOグルメここにあり。ここはまた絶対に訪れたい。

 

f:id:cxobank:20190314132951j:image

コスパ最強CXOグルメ〜鹿児島 うなぎの美鶴〜
099-267-8341
鹿児島県鹿児島市下福元町3573-4

定休日:日曜日

営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00

予約:したほうが良い

単価:2700円