逆張り起業家のブログ

発起人25名、バイアウトを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

B2BマーケターなのにTwitterがバズってしまい300万imp90万再生となった経緯

f:id:cxobank:20200115174029j:image

私がTwitterを本格的に始めて2年目。1日10ツイート以上してきて、フォロワーは3000人と著名人に比べたら少ないのですが、月平均100万imp。

 

狙いは自社プロダクトのCXOバンクにユーザーを増やす為。

 

その狙い通り、毎日Twitter経由でユーザーは増えていた。完全審査制のプロダクトであり、経営者しか利用できない為、バズらせる必要はなかった。

 

しかしながら、事は起きてしまった。

 

そのツイートがこちら↓

 

 

 

吉野家の裏メニューをアップした7秒動画。

 

 

f:id:cxobank:20200115184015j:image

 

バズった結果
300万imp/90万再生超え

リツイート1万/いいね3万

 

■リプ内訳
肯定8割/否定2割

■肯定
早速食べに行きました/食べてみたい/美味しそう/知らなかった等

■否定
全店対応してない/消せ/バイトかわいそう/不味そう/松屋派等

 

因みに、本来ない裏メニューを出してくれるかは我々オーダー主次第。ピーク時は店員さんに迷惑かかるので絶対NG。

 

お店が空いてる時間帯に伺い、丁重に丁寧に謙虚にお願いして出てくるかどうかと思っておきましょう。

 

さて、それではなぜこのツイートがバズったのでしょう。簡潔にまとめてみました。

 

私が実践してきたこと

1.毎日ツイート

2.経験談、ノウハウ、グルメ、サウナ、プライベートネタをツイート

 

ただ、これだけ。

 

ポイントは,一つのテーマに拘らなかった。あとは、ふざけないことを徹底。

 

バズるテーマには、おもしろ系やあるある系などがあるようですが、私におもしろ系はセンスないので、自分が知りたかった情報など誰かの為になるツイートしていたら、バズってしまったという経緯。

 

この事から、誰しもにチャンスはあると思っています。

 

毎日、今の出来事や過去の体験をツイートする。仕事でもグルメでも趣味のことでも何でもいい。

 

誰かに影響されずに『自分の言葉で自分の体験』をツイートし続ける。

 

それが長続きする方法であり、近道だと私は考えています。

 

因みに私は日記やメモは続かない性格。

 

なのにTwitterは継続できる。

 

それは誰かが見てくれるから。

 

140文字以内にまとめる力もつき、結論から話せたり、アウトプット力も身につく。

 

そして、友達増える。仕事も舞い込んできたり紹介してもらえるようになる。

 

今からでも遅くない。

 

始めてみよう。

 

経営者自身で始めてみたい、もしくは社員に教えたいが分からない方は遠慮なくご連絡下さい。

 

尚、私はTwitterでこんなことを良くツイートしています。

 

ご参考までに。

 

 

 

■2/10(月)ベンチャーCXOの会を開催

年に不定期で数回開催している200名規模の経営者限定の会。セミナー登壇一切なし。特別ゲストもなし。皆が主役の名刺交換会。まだ空きあり遠慮なくどうぞ。

ベンチャーCXO&XYZの会

 

■CXOバンクの詳細はこちら

ユーザーが使いたい時にいつでも使えるプロダクト。まだα版ですが、完全無料で利用できる経営者同士のマッチングプラットフォーム。それがCXOバンク。