逆張り起業家のブログ

B2B版Facebookを目指す逆張り起業家、CXOバンク株式会社CEO中村一之のブログ

コスパ最強CXOグルメ〜北海道旭川 二幸本店〜

 

 

f:id:cxobank:20190217002133j:image

マネーの虎でもある株式会社外食虎塾安田CEOに教えてもらったのがこちら。あまりの旨さとコスパの良さに二夜連続で訪問してしまったほどの寿司屋。それが昭和22年創業のこちらの『二幸本店』。

 


f:id:cxobank:20190217002210j:image

f:id:cxobank:20190217002529j:image

こちら旭川の繁華街と分かりやすい場所。旭川駅から徒歩圏内、付近にはコインパーキングも多数あり訪問しやすいロケーション。今回はマイナス10度以下の雪降る季節に訪れました。

f:id:cxobank:20190217002631j:image

私はお刺身不要で、好きなネタを寿司でいきなり食べたい派。その為、お好みで食べれる寿司屋を好みます。先ずは、いきなり一貫目からとろとろの極上生ウニを一口で頂くこの贅沢さ。


f:id:cxobank:20190217002627j:image

続いて、イクラを注文。北海道で食べるイクラはなぜどこで食べてもこんなに旨いのか。


f:id:cxobank:20190217002707j:image

ヤリイカとスルメイカを食べ比べ、それぞれの甘さを堪能。


f:id:cxobank:20190217002813j:image

f:id:cxobank:20190217002809j:image

こちらはメニュー表。ご覧の通り老舗のカウンター寿司屋とは思えぬコスパの良さ、刺身定食2,000円も気になります。

 

f:id:cxobank:20190217002913j:image 

私の大好物のシャコ。子持ちの中でも卵が少ないものを選別しているとのことでシャコ本来の濃厚な味も堪能でき卵の食感も楽しめる絶品。

 
f:id:cxobank:20190217002909j:image

あまりの旨さに二尾を更に追加注文。このサイズのシャコはなかなか仕入れることができない、老舗ながらの独自ルートを持たれている。


f:id:cxobank:20190217002905j:image

こちら先ほど大将が持っていたシャコ、見た目は悪いが食べると旨い。寿司の中でも芸術的逸品。

 


f:id:cxobank:20190217011701j:image

f:id:cxobank:20190217011657j:image

初回訪問時にハマってしまった私。こちらは翌日にも訪れシャコだけを3貫まとめ喰い。店のシャコ在庫を買占めたいぐらい。旨いにもほどがある。

 

f:id:cxobank:20190217012421j:image

こちらは生のニシン。東京では生では食べることはなかなかできない為、初めて生で食べたのですが、魚とは思えぬコリコリの食感と淡白な味わいに感動。


f:id:cxobank:20190217012428j:image

こちらは二夜連続で訪れたら、大将が特別に大盛りにして握ってくれた雲丹の寿司。2回目にして気さくな大将と仲良くなれたのも嬉しい限り。年に一度は訪れたい。


f:id:cxobank:20190217012417j:image 

店内にあるテレビでふと天気予報を見た。時期は2月。気温を見て改めて北海道の寒さを実感。そして、せっかく来るなら、この大雪積もる寒い時期にまた来たい。

 

因みにお会計は、お酒頼まずお好みで好きなものだけ食べてお会計は一人3000円前後。ここまで旨い寿司をこの価格で食べれ至福を味わえます。

 

f:id:cxobank:20190217002300j:image

コスパ最強CXOグルメ〜北海道旭川 ニ幸本店〜
北海道旭川市三条通7-1397
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1003217/

 

f:id:cxobank:20190217003555j:image

せっかくなので番外編も。旭川市内から車で山道を80分ほどの場所にある『旭岳温泉 湯元 湧駒荘』内にある『勇駒別温泉』へ。

f:id:cxobank:20190217014708j:image

雪山をひたすら山の中へ。80分かけて念願のこちらに到着。

 

f:id:cxobank:20190217014712j:image

こちら風情あるエントランス。

 

f:id:cxobank:20190217100302j:image

この日本代表のスノーボーダー竹内智香さんをご存知の方も多いのではないでしょうか。こちらの旅館の娘さんなんです。


f:id:cxobank:20190217014721j:image

小泉元総理にも呼ばれる腕前を持つ。こちらに所属している料理人の料理も今度食べてみたい。
f:id:cxobank:20190217014704j:image

神々の湯。温泉施設内の建物に入ると大木を使った天井20mはある温泉施設に周りは大自然、神々しいのを感じられます。


f:id:cxobank:20190217014717j:image

じゃらん内でも売れた宿にランキング認定されており、いつか泊まりに来てみたい。今回のように温泉だけでもおススメ。温泉だけだと入浴料800円、100円タオルも売ってます。

 

f:id:cxobank:20190217101639j:image

勇駒別温泉 神々の湯 - YouTube

さてさて、動画をどうぞ。こちらが雪景色の中の露天風呂。ぬるま湯でもあり長湯しない私でも1時間以上入れるほど。

 

f:id:cxobank:20190217101704j:image

忠別湖の絶景雪景色 - YouTube

道中にある忠別湖の絶景を見るのもおススメ。

 

以上、『二幸本店』と番外編の『勇駒別温泉』でした。旭川に行かれる際はご参考にどうぞ。